テスター 仕事

例えばデスクトップ向けセキュリティツールのように1つのバグが広範囲に影響するプロダクトにとって極めて必須の職種、といえばテスター、テスターについてはあまり知らないという方が多いようです。テスターといえばゲーム系のプレイヤーのこと、かもしれません、しかしデバッガーとは違う、全ての使用環境を見据えてアプリを評価することは、アプリを提供するプロバイダーにとってとても大切なことです。
限られた時間の中でバグを発見するためにはたくさんの手法があり、また独自に考えながら最大のパフォーマンスを発揮すべき、開発したシステムが要件を満たしているかも大切ですが、要件が不足しているという事態も考えられます、もちろん新しい分野のアプリでは大切です。バグを発見して再現条件を提示する、、最近はテスターのコミュニティも増えています、ワークショップを手掛けているプロフェッショナルの存在も要チェックですね。
テスターというと、SEやスペシャリストと比較してその位置は低く見られがちですが、テスターは開発者のスキルがあればあるほど明晰なテストができます、またユーザの声と同義でもあり、コミュニケーション、アプリへの知識など、多彩なスキルが求められます。辛抱強さ、忍耐力、テストが好きなことも大事ですね。
テスター 求人

フリーランス 意味

フリーランスの意味は、会社や組織に所属せずに自らの能力や技術を提供して報酬を得る個人事業主の事を指しています。
ですから、フリーランスは自らが経営者なんです。

近年は日本のワークスタイルも変化して来て、終身雇用や年功序列といった良い意味でも悪い意味でも古い価値観が崩壊して来ました。
会社の為に一生懸命働いても、何の見返りも無い様な悲しい現実はたくさんありますよね。
だったら自分のやり方で、自分のしたい事を思いっきりしてみようと考える人が増えてくるのは当然の事で、その結果としてノマドワーカーなども生まれてフリーランスという生き方が新しいワークスタイルの一つとして認知されつつあるんです。

しかし自由な反面、組織に属していない事で色々と弱い立場に立ってしまう事もこの日本という集団を重んじる国では多く存在しているのも事実です。
社会保障制度一つ挙げても、個人で活動するフリーランスはどうしても損してしまいますよね。

ただそういうデメリットを含めて考えたとしてもフリーランスという生き方はとても魅力的で意味があるものだと思いますよ。
自分の努力しだいでどんどん道が開けて行く訳ですし、会社勤めだけでは出会えない様々な人と出会う事も出来ます。
自分らしい生き方を求める人は、ぜひチャレンジして欲しいですね。

[フリーランス関連ホームページ]
フリーランス 案件 – 豊富な案件がある中から好条件の求人のみピックアップ!

個人事業

法人を設立せずに、個人で事業をおこなう人のことを「個人事業主」といいます。銀行など、法人じゃないとできない分野もありますが、その他のほとんどの分野では個人事業として営むことが可能です。

<個人事業主になるには?>
個人事業を開始するためには、税務署で「個人事業の開業・廃業等届出書」というものを提出する必要があります。その際、さまざまな項目の中に「屋号」の欄があります。これはお店の名前などに該当しますが、会社でなくても自分の事業に名称をつけられるため、ぜひお気に入りの名前を考えたいものです。
その際、所得税の「青色申告承認申請書」を同時に提出する人が多いようです。これがあると、控除を受けられるなどのメリットがあります。

<法人化したほうが良いケース>
法人には法人税が課せられるのに対し、個人事業主には所得額に応じて所得税が課せられます。そのため、一定以上の所得がある場合は税金が大きくなりすぎることから、法人になったほうがお得といえます。一般的には、年収が900万以上になる場合、税率で考えて法人化を選ぶ人が多くなります。

また経費として落とせるものも法人のほうが多く、節税対策しやすいといえるでしょう。ただし継続的に収入がないと、逆に法人税の負担が重くなるため、やはり所得で考えて判断したほうが安心です。

個人事業主としてのおすすめの仕事『Java』をご紹介します。

フリーランス

特定の企業に属さず、個人で仕事を請け負うのがフリーランス。最近ではIT業界でよく見られる雇用形態です。エンジニアやライター、デザイナーなど、その職種はさまざまですが、最初は社員として勤めていた人が独立するケースが多いようです。

<フリーランスで働くということ>
何といっても「会社に縛られることがない」のが、フリーランスのメリット。期間限定で特定の会社と雇用契約を結び、社員と肩を並べて働くこともありますが、その期間が終わればまたフリーの身に。基本的には自由に仕事を選ぶことができます。また会社の上下関係やしがらみなどにとらわれないのも魅力といえるでしょう。

そして最大のメリットは「仕事をすればするだけ、稼ぎになる」という点です。サラリーではないため、仕事量に比例して収入が増えます。逆に言えば、収入を安定させるためにはつねに仕事を得る努力が求められるのも事実です。

仕事の見つけ方としては、IT業界の場合、求人情報をチェックするか、もしくはIT専門のエージェントに登録して仕事をあっせんしてもらうのが一般的。もちろん、それらを利用しなくても仕事がどんどん入ってくる売れっ子フリーランサーもいます。
末永くフリーランスで活躍するには、やはり豊かな人脈と確かなスキルが必要といえるでしょう。

【参考サイト】
フリーエンジニア
フリーランス 案件
フリーランスSE

求人 エンジニア

あらゆる分野でIT化が進む今、SEなどのエンジニアが活躍する場も多岐にわたっています。ホームページ制作やソフト開発などのほか、医療の現場や保険会社、警備会社など、さまざまなところでITの技術は必要とされています。その中でもとくに最近、注目を集めているのがスマホアプリです。

<斬新なアイディアを形に>
従来のガラケーに代わって一気に普及してきたスマホ。そのアプリケーションの開発に、多くの企業が積極的に乗り出しています。
ブラウザを使用せずに、さくさくと楽しめるのがアプリ。大手のスーパーマーケットやデパート、家電量販店、アパレルブランドなどが続々と自社のアプリを開発し、最新情報やショッピング機能を設けています。またゲームアプリも大人気を博しているのは言うまでもありません。

まだ新しいだけに、画期的で斬新なアイディアが求められているアプリ市場。たとえば最近では「LINE」というアプリが爆発的な人気を集め、多くの利用者数を誇っています。このような、世間に求められているアプリを企画・開発するエンジニアの求人が急増しているようです。とくにLAMP環境が得意なエンジニアが歓迎されていますので、アプリの仕事がしたい人はスキルをみがいてみるのも1つの方法でしょう。その他の必須の言語はObjective-Cです。案件お仕事もたくさん用意されています

フリーエンジニア

正社員という雇用形態ではなく、個人で仕事を受注するのがフリーエンジニア。現在、社員として勤めている人の中でも、独立してフリーになることを考えている人は多いのではないでしょうか?収入の安定性など、誰もが最初は不安なことだらけですが、実際にフリーになって良かったと感じているエンジニアも多いようです。

<好きな仕事に集中できる>
フリーエンジニアになって正解だったと思う人が口をそろえて言うのは「社内のさまざまな雑務から解放されて、自分の好きな仕事、得意な分野に専念できるようになった」ということです。
正社員は給与や各種保険など、保障があるのが大きなメリットではありますが、自分のしたい仕事を選ぶことは難しくなります。また年齢を重ねれば重ねるほど、現場から離れて管理や営業が主体になることも珍しくないようです。

そもそもITエンジニアは、コンピュータをいじるのが好き、何かを開発・制作するのが好きという職人気質の人が多いもの。そんな彼らが「生涯現役」でいるためには、フリーランスの道を選ぶのが自然なのかもしれません。

人によって向き・不向きはありますが、自分のスキルをとことん業界で試してみたい、という人にはフリーランスは魅力的といえるでしょう。